漢方方剤分類

漢辞苑 中医学に基づく方剤の分類です。方剤は、治法(治療法)によって分類します。
治法の基本は、『邪魔なものがあれば除き、停滞したものがあれば巡らせ、不足するものは補う』というルールに従います。

矢印


1.解表

感冒初期 発汗を促して(汗法)、初期の感冒(風邪・インフルエンザ)に対処する方剤です。表(身体の表面)に侵入した病邪を発汗によって除く治療法です。外感熱性疾患の初期や類似の症候を現わす表証(身体の表面)の疾患に使用します。

1.1辛温解表剤

温めながら解表(汗法)します。
矢印麻黄湯 »  矢印麻黄加朮湯 »  矢印葛根湯 »  矢印葛根湯加川芎辛夷 »  矢印桂枝湯 »  矢印桂枝加葛根湯 »  矢印桂枝加朮附湯 »  矢印桂枝加苓朮附湯 »  矢印桂枝麻黄各半湯(桂麻各半湯) »  矢印香蘇散 »  矢印麻杏薏甘湯 »  矢印小青竜湯 »  矢印葛根加朮附湯 »  矢印桂枝加黄耆湯 »  矢印桂枝加厚朴杏仁湯(桂枝加厚朴杏子湯) »  矢印桂枝加附子湯 »  矢印大青竜湯 » 

1.2辛涼解表剤

冷やしながら解表(汗法)します。
矢印銀翹散 »  矢印麻杏甘石湯 »  矢印五虎湯 »  矢印越婢加朮湯 »  矢印升麻葛根湯 » 

1.3扶正解表剤

正気を補いながら解表(汗法)します。
矢印十味敗毒湯 »  矢印参蘇飲 »  矢印麻黄附子細辛湯 »  矢印荊防敗毒散 » 

2.瀉下剤

便秘 排便を促す方剤です(瀉下法(下法・攻下法))。排便を促し裏証(身体の内部)にある邪を排出する治療法です。

2.1寒下剤

冷やしながら下します。裏熱積滞の実証で便秘・腹満・腹脹・腹痛・はなはなしければ潮熱、舌苔が黄・脈が実などの場合に使用します。
矢印大承気湯 »  矢印調胃承気湯 »  矢印大黄甘草湯 » 

2.2温下剤

温めながら下します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

2.3潤下剤

腸を潤して下します。
矢印麻子仁丸 »  矢印潤腸湯 » 

2.4逐水剤

体内に蓄積した水分を大小便とともに排泄します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

2.5攻補兼施剤

正気を補いながら下します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

3.和解剤

感冒中期 調和を行う方剤です(和法)。汗法・下法によらず、半表半裏の病邪を除いたり、臓腑間の不和を調和したりする治療法です。

3.1和解少陽剤

感冒の中期に用いる和解剤です。邪が少陽(胆・三焦)にあり往来寒熱・胸脇苦満・悪心・食欲不振・口が苦いなどの症候があるときに使用します。
矢印小柴胡湯 »  矢印柴胡桂枝湯 »  矢印柴陥湯 »  矢印柴朴湯(小柴胡湯+半夏厚朴湯) »  矢印柴苓湯(小柴胡湯+五苓散) » 矢印大柴胡湯 »  矢印大柴胡湯去大黄 » 

3.2調和肝脾剤

肝と脾を調和します。
矢印芍薬甘草湯 »  矢印芍薬甘草附子湯 »  矢印四逆散 »  矢印加味逍遙散 »  矢印逍遙散 »  矢印滋陰至宝湯 »  矢印女神散 » 

3.3調和胃腸剤

胃腸や脾胃を調和します。
矢印半夏瀉心湯 »  矢印甘草瀉心湯 »  矢印生姜瀉心湯 »  矢印黄連湯 » 

4.清熱剤

熱病 熱を除去する方剤です(清法)。熱証に対し、冷ましながら、熱邪を取り去ったり、陰液を補ったりする治療法です。

4.1清気分熱剤

熱性の感冒や熱病の中期に用います。熱邪が気分にあって高熱・つよい口渇・多汗、舌苔が黄、脈が洪大滑数の場合や、病後の余熱末清などに使用します。
矢印白虎加人参湯 »  矢印桔梗石膏 »  矢印小柴胡湯加桔梗石膏 »  矢印白虎加桂枝湯 » 

4.2清営涼血剤

熱性の感冒や熱病の後期に用います。
●本分類の市販エキス剤はありません。

4.3清熱解毒剤

熱毒解毒します。
矢印黄連解毒湯 »  矢印荊芥連翹湯 »  矢印温清飲 »  矢印柴胡清肝湯 »  矢印清上防風湯 » 

4.4気血両清剤

気血両方の熱を除去します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

4.5清臓腑熱剤

臓腑の熱を除去します。
矢印三黄瀉心湯 »  矢印清心蓮子飲 »  矢印竜胆瀉肝湯 »  矢印黄芩湯 »  矢印乙字湯 »  矢印辛夷清肺湯 » 

4.6清虚熱剤

虚性の熱を除去します。
矢印滋陰降火湯 » 

5.祛暑剤

夏の暑さ 夏の暑さによる失調に用いる方剤です。

5.1祛暑清熱剤

日射病に応用します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

5.2祛暑解表剤

夏風邪に応用します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

5.3祛暑利湿剤

水分代謝を調節します。
●本分類の市販エキス剤はありません。

5.4祛清暑益気剤

夏ばてに応用します。
矢印清暑益気湯 » 

6.温裏剤

体内を温める 体内(裏証)を温める方剤です(温法)。裏寒証に対し、温めながら、寒邪を取り去ったり、陽気を補ったりする治療法です。

6.1温中祛寒剤

中焦の冷えに用います。
矢印人参湯(理中丸) »  矢印附子人参湯(附子理中丸) »  矢印呉茱萸湯 »  矢印小建中湯 »  矢印大建中湯 »  矢印黄耆建中湯 »  矢印帰耆建中湯 »  矢印安中散 »  矢印安中散加茯苓 »  矢印桂枝加芍薬湯 »  矢印桂枝加芍薬大黄湯 »  矢印桂枝人参湯 »  矢印当帰建中湯 »  矢印当帰湯 » 

6.2回陽救逆剤

冷えによる意識障害に用います。
矢印四逆湯 » 

6.3温経散寒剤

経絡の冷えに用います。
矢印当帰四逆加呉茱萸生姜湯 » 

7.表裏双解剤

体表・体内同時治癒 体表(表証)と体内(裏証)を同時に治癒する方剤です。

7.1解表攻裏剤

解表と瀉下を同時に行います。
矢印大柴胡湯 »  矢印大柴胡湯去大黄 »  矢印防風通聖散 » 

7.2解表清裏剤

解表清熱を同時に行います。
矢印葛根黄芩黄連湯 » 

7.3解表温裏剤

解表と温裏を同時に行います。
矢印五積散 »  矢印柴胡桂枝乾姜湯 » 

8.補益剤

補益 正気を補う方剤です(補法)。虚証に対して、気・陽気・血・精・津液・陰液を補う治療法です。

8.1補気剤

気を補います。気虚に対する治法剤です。
矢印四君子湯 »  矢印六君子湯 »  矢印補中益気湯 » 

8.2補血剤

血を補います。血虚に対する治法剤です。
矢印四物湯 »  矢印帰脾湯 »  矢印加味帰脾湯 »  矢印連珠飲(四物湯+苓桂朮甘湯) » 

8.3気血双補剤

気血を同時に補います。気虚血虚に対する治法剤です。気血両虚
矢印八珍湯(四君子湯+四物湯) »  矢印十全大補湯 »  矢印人参養栄湯 » 

8.4補陰剤

陰液を補います。虚性の熱を制御します。陰虚に対する治法剤です。
矢印六味丸(六味地黄丸) »  矢印知柏地黄丸 »  矢印杞菊地黄丸 »  矢印麦味地黄丸(八仙長寿丸) » 

8.5気陰双補剤

気と陰を同時に補います。気虚陰虚に対する治法剤です。気陰両虚
矢印生脈散 »  矢印炙甘草湯 »  矢印参苓白朮散 »  矢印啓脾湯 » 

8.6補陽剤

陽気を補います。温めます。陽虚に対する治法剤です。
矢印八味地黄丸 »  矢印牛車腎気丸 » 

9.安神剤

安神 精神を安寧させる方剤です。重鎮安神法滋養安神の薬物を主体にして安神(精神安定)の効能をあらわす方剤です。

9.1重鎮安神剤

鎮静により安寧させます。
●本分類の市販エキス剤はありません。

9.2滋養安神剤

精神を滋養安寧させます。
矢印酸棗仁湯 »  矢印天王補心丹 »  矢印柏子養心丸 »  矢印甘麦大棗湯 » 

10.開竅剤

開竅 精神を覚醒させる方剤です。

10.1涼開剤

冷やしながら開竅させます。
矢印牛黄清心丸 » 

10.2温開剤

温めながら開竅させます。
●本分類の市販エキス剤はありません。

11.固渋剤

体内(裏証)から漏れ出るものを止める方剤です。

11.1固表止汗剤

多汗や寝汗を止めます。衛気不固の自汗あるいは陰虚有熱の盗汗に使用します。自汗とは、特別な誘因もなく日中に汗が漏出することです。盗汗とは、夜間睡眠中に汗が出て目覚めると止まる症状です。
矢印玉屏風散 » 

11.2斂肺止咳剤

咳を止めます。
●本分類の市販エキス剤はありません。

11.3渋陽固脱剤

多汗や寝汗を止めます。
●本分類の市販エキス剤はありません。

11.4渋精止遺剤

夢精を止めます。
矢印桂枝加竜骨牡蛎湯 » 

11.5固崩止帯剤

不正出血や帯下を止めます。
●本分類の市販エキス剤はありません。

12.治風剤

治風 風邪による失調を治す方剤です。

12.1疏散外風剤

体外(表証)から侵入した外風を治します。
矢印消風散 »  矢印川芎茶調散 »  矢印蒼耳散 »  矢印立効散 » 

12.2平熄内風剤

体内(裏証)に発生した内風を治します。
矢印抑肝散 »  矢印抑肝散加陳皮半夏 »  矢印釣藤散 »  矢印七物降下湯 »  矢印柴胡加竜骨牡蛎湯 »  矢印当帰飲子 » 

13.理気剤

理気 の運行を調節する方剤です。

13.1行気剤

の流れを伸びやかにして、気の鬱滞を解除します。
矢印半夏厚朴湯 » 

13.2降気剤

の逆流を下降させる方剤です。気逆
矢印小半夏加茯苓湯 »  矢印旋覆代赭湯 »  矢印柿蒂湯 »  矢印神秘湯 » 

14.理血剤

理血 の運行を調節する方剤です。

14.1活血化瘀剤

滞っている血(瘀血)を流す作用の方剤です。
矢印桃核承気湯 »  矢印桂枝茯苓湯 »  矢印血府逐瘀湯 »  矢印当帰芍薬散 »  矢印温経湯 »  矢印冠心Ⅱ号方 »  矢印治打僕一方 »  矢印通導散 » 

14.2止血剤

鼻出血・吐血・喀血・血便・不正性器出血などの出血に用いる方剤です。
矢印芎帰膠艾湯 »  矢印槐角丸 » 

15.治燥剤

治燥 乾燥による失調を治す方剤です。

15.1軽宣潤燥剤

乾燥を伴う初期感冒に対応する方剤です。
●本分類の市販エキス剤はありません。

15.2滋陰潤燥剤

体内(裏証)の乾燥を治す方剤です。
矢印養陰清肺湯 »  矢印麦門冬湯 »  矢印瓊玉膏 » 

16.祛湿剤

祛湿 停滞した水液(湿)を除去する方剤です。祛湿薬を主体にし、化湿利水通淋泄濁の効能によって水湿の邪による病変を改善する方剤です。

16.1燥湿和胃剤

湿を乾燥して脾胃を調節する方剤です。
矢印平胃散 »  矢印藿香正気散 »  矢印胃苓湯(平胃散+五苓散) » 

16.2清熱祛湿剤

熱性の湿を除去する方剤です。
矢印茵蔯蒿湯 »  矢印茵蔯五苓散 »  矢印五淋散 »  矢印三物黄芩湯 »  矢印梔子柏皮湯 » 

16.3利水滲湿剤

湿を排泄する方剤です。
矢印五苓散 »  矢印胃苓湯(平胃散+五苓散) »  矢印猪苓湯 »  矢印防已黄耆湯 »  矢印茯苓飲 »  矢印木防已湯 » 

16.4温化水湿剤

温めながら湿を除する方剤です。
矢印苓桂朮甘湯 »  矢印苓姜朮甘湯 »  矢印真武湯 »  矢印九味檳榔湯 » 

16.5祛風勝湿剤

風湿による肢体の痛みを治す方剤です。
矢印独活奇生湯 »  矢印大防風湯 »  矢印疎経活血湯 »  矢印二朮湯 »  矢印薏苡仁湯 » 

17.祛痰剤

祛痰 固まった水液であるを除去する方剤です。を排除・消解したり、各種の痰病に効果のある方剤です。

17.1燥湿化痰剤

一般の祛痰をする方剤です。燥湿化痰剤は湿痰に用います。
矢印二陳湯 » 

17.2清熱化痰剤

熱性の痰(熱痰)を除去する方剤です。
矢印温胆湯 »  矢印竹筎温胆湯 »  矢印小陥胸湯 »  矢印清肺湯 » 

17.3潤燥化痰剤

潤いを与えながらを除去する方剤です。
●本分類の市販エキス剤はありません。

17.4温化化痰剤

温めながらを除去する方剤です。
矢印苓甘姜味辛夏仁湯 » 

17.5治風化痰剤

風邪を伴うを除去する方剤です。
矢印半夏白朮天麻湯 » 

18.癰瘍剤(ようようざい)

癰瘍 できものに対応する方剤です。

18.1外瘍剤

体表(表証)のできものや潰瘍に用いる方剤です。
矢印排膿散及湯 »  矢印治頭瘡一方 » 

18.2内瘍剤

体内(裏証)のできものや潰瘍に用いる方剤です。
矢印大黄牡丹皮湯 »  矢印腸癰湯 »  矢印桔梗湯 » 

その他

矢印駆風解毒湯 »  矢印胃風湯 »  矢印甘草湯 »  矢印響声破笛丸 »  矢印九味半夏湯加減方 »  矢印板藍根 »  矢印附子 » 
漢方相談50音順
漢方相談疾患分類順
弁証論治
舌診
夏の冷え性
夏の脳養生
夏の胃腸障害
帯下
インフルエンザ
男性更年期
尿漏れ
慢性頭痛
高血圧
花粉症
皮膚のトラブル
認知症
乾燥トラブル
メタボリック・シンドローム
耳鳴り・難聴・耳聾
夏バテ対策

漢方症状別 Menu